ビックリ!?インフルエンザにウイルス感染、花粉症対策 乳酸菌ってなぜこんなにもたくさんの効果があるの?

インフルエンザにウイルス感染、花粉症対策 乳酸菌ってなぜこんなにもたくさんの効果があるの?

 

以前であれば乳酸菌=便秘解消に効果的というイメージが強かったのですが、最近ではその他の効果もメディアで多く取り上げられています。乳酸菌には花粉症などのアレルギー症状の改善や、インフルエンザなどのウイルス感染予防にも有効です。ここではなぜ乳酸菌がそのように多くの効果が得られるのかについて考えてみましょう。

 

【腸内環境で健康かどうかが決まる】

腸内環境と健康は非常に深いつながりがあります。腸管は体の中でも最も重要な免疫器官であると言われているのです。腸は「第2の脳」と呼ばれるほど、重要な臓器であり、脳内の神経伝達物質のセロトニンの95%は腸内で生成されていると言われています。さらに腸内ではホルモン生成も行っており、私達が健康に生きていくためには欠かせないのです。つまり腸内環境が崩れてしまい、悪化すると様々な体のトラブルが発生します。そのため乳酸菌で腸内環境を整えてあげるとたくさんの効果が得られるのです。
善玉菌2

【乳酸菌でインフルエンザなどウイルス感染予防効果が得られる理由は?】

近年、冬場になると乳酸菌飲料を飲んでインフルエンザ予防対策をするのが一般的になってきました。R-1乳酸菌など乳酸菌の中には発酵の過程で多糖体と呼ばれるたんぱく質を生成し、腸内に存在するナチュラルキラー細胞と呼ばれる免疫細胞を活性化させる働きがあります。このナチュラルキラー細胞は、体内にウイルスなどの抗原が入ってきた時にすぐに攻撃をして、細胞内に進入しないように阻止してくれます。乳酸菌には整腸作用だけではなく、人の免疫力を活性化させる働きがあるのです。乳酸菌を摂取して免疫力が活性化することで、インフルエンザ羅漢率を下げることが可能なのです。試してみて!便秘が治らない人には乳酸菌サプリがおすすめ 乳酸菌サプリで便秘解消できる理由

 

【乳酸菌で花粉症などアレルギー症状を改善できる理由とは?】

乳酸菌には免疫力アップの他に、アレルギー症状を改善させる効果もあります。アレルギー症状を改善する乳酸菌として注目されているのがL-92 乳酸菌です。花粉症やアトピーなどのアレルギー症状は免疫バランスの崩れが原因と言われています。そこで乳酸菌を摂取して腸内環境を整えることで免疫バランスを正常に戻すのです。